tom__bo’s Blog

えんじにゃ〜

Skype英会話始めて2ヶ月たった

継続的な努力が必要な目標を達成するには、定期的なメモや経過報告をまとめることはかなり有効だと思っている。 これは研究でもプログラミングでも筋トレでも何でもそうで、具体的な数値で経過を記録することができないたぐいのものでも、適当な振り返りを書くことは、特に自分自身にとって一定の価値があると思う。

ということで、今回は9月から始めたreajobのskype英会話の経過を書いてみる。 reajobの英会話で毎日1レッスン(25分)のコースで地道に英会話している経過メモである。

なお、現時点で2ヶ月が経ったが、業務レベルには程遠く、雑談が多少?できる程度でしかない。 英語に対するモチベーションはかなり低めで、日常・業務上困ることはほぼない(ドキュメントや論文は時間さえあれば読めるし、英語で仕事をするわけでもない)

なので、割と長期的に時間をかけないとできないリスニングと会話上のテンプレを身に着けようと思って、毎日30分を捧げている。

開始前の英語力

  • TOEIC 800点(確か805?)くらい。
  • しゃべれない。
    • 海外旅行で、生きていけるくらい(駅聞いたり開店時刻聞いたり、予約取ったり)はなんとかできる。
  • 大学院で論文の読み書きをやったのが一番英語やった機会
    • 国際学会でのポスター発表、本発表もしたけど、、、w
  • 特に会話時に喋りたいことの単語や慣用句みたいなテンプレを探すので手一杯になって会話にならない。

過去のskype英会話経験

過去にdmm英会話?だったかで同様のskype英会話経験があって、2,3ヶ月半額キャンペーンで受講したことがある。
そのときは会話を録音したり事前にその日のテキストを予習して1日2時間くらいかけていた。 結果、勉強やアルバイトで時間が作れなくてやめた。

おすすめのskype英会話の利用方法

現時点で2ヶ月(9,10月)の通算レッスン受講回数は33回だった。

申込みの兼ね合いで9/7日くらいから始まったのと9月は1週間くらい旅行に行っていたので、その他飲み会やら疲れ切って何もできない日を考えると、時間の取れる日は毎日やっているといった気持ち。

ということで、ここまで毎日?やっている上で得た知見を書いていく

予習・録音・復習をしない

気合入って最初はテキスト予習したり、録音して講師がどう言っていたのかを確認したくなるけど、そういうことはしない。 毎日30分潰される(?)のは仕事が忙しい時や調べたいもの、書きたいコードがあるときはきびしいのでこういうことはしない。

講師がまとめをレッスン内でしてくれる場合もあるので、そういったまとめや、レッスン中に調べた単語のメモを一箇所にまとめておくくらいはしておくと良い。 基本的に英語力(読み書き、語彙量増加などなど)すべてを向上するのは諦めて、リスニングと思ってることを知ってる単語で伝える練習と思うくらいがちょうどよい。 もちろん時間をかけて英語をガッツリやる必要がある人はやれば良いと思う。

講師を探す・選ぶ

結構大事なのがこの部分で、最初の10日から2週間くらいはひたすらちゃんとした講師を探す必要がある。 reajobは講師の方もリモート(skypeで本社から出ない人がほとんど)で会話をしてくる。 なので、子育て中のママさんだったり、路上で暇見つけてやってるだろ、って人もそれなりにいる。

これは偏見かもしれないけど、私が男性の講師は「かわいい日本人と話したいんだよね」って態度だったりそう言ってくる人もいるので、生徒と逆の性別の人を講師にしたほうが良いのかもしれない?

とにかく自分にあった英語力で話してくれる、回線状況が良い、講師に「教える」やる気があるといった点で良い人を探す必要が少なからずある。

こちらは毎日レッスンを受けたいが、講師側は適当な日程で休みを作っている(平日だけレッスンやっている人や週末だけやっている人、夜間だけなどなど)ので、4人くらいをレギュラーな講師としてもっておいて、そのときに予約できる人にレッスンをしてもらっている。

レッスン中の時間管理

一番重要なのは「1レッスンで1テキストを終了するつもりはない」と伝えることだと思う。 reajobが提供している教材はこれhttps://www.rarejob.com/lesson/material/ なのだが、1レッスンで1テキスト終わらせるのはかなり難しいとおもう。 文法等は難しくないので事前に用意して、discussionパートをかなり淡々とこなせば終えられるが、それで得られるものはかなり少ないと思う。

なので、1レッスンで脱線してでも話したいトピックについて議論できるように、最初に断わってから開始してもらっている。 そうすると、関連したトピックで話を深めたかったり、良い言い回しが見つからなくてそれについて聞きたくても時間がないから適当に済ませるといったことがなくなると思う。 講師の方はわりと他の生徒が急ぐせいなのか、気を使って1テキスト終わらせようとしてきたり、こっちがダラダラ喋っていると最後に1テキスト終えられないことを謝ってくるので、全然問題ないと最初にいったほうが良い。

ここまでの達成度

  • テキストやreajobでのレッスンの良い進行状態がわかった
  • こっちが初心者と相手にわかっている状態で、講師の言っていることがある程度聞き漏らさずに聞けるようになった
  • レッスンするうえでの自分の言いたいことをテンプレ化した文法で言えるようになってきた
  • なんとか雑談ができるという自信が持てた
  • 高校程度の会話のための英語を思い出したw (予想以上に論文とかドキュメントの英語とはちがう)

今後

  • とりあえず会話が成立する程度にはなったが、語彙の増え方がかなりゆるいのと、とっさに正しい文法で話せないので、それをどうにかする
  • レッスン中に調べた単語や熟語のメモが散らばっているので、メモってそれはいつでも言えるようにする

ということで次回は年末くらいに書こうと思う。 2年後くらいにはまとまった時間を取って、ガッツリ英語で話せるようになりたい。