読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tom__bo’s Blog

情報系学生が筋トレしたり、筋トレしたり筋トレしたことを書くブログ。もはやダイアリー

MORIPARK Outdoor Village 〜 ボルダリングジム紹介 〜

Clibming

最近クライミングできていないtom__boです。

だいぶつらみが増してきたので、以前のクライミングジムのブログを書いて落ち着こうと思います。

 

夏の終わり頃に昭島駅のMORIPARK Outdoor Villageに行ってきました。

outdoorvillage.tokyo

ここまで東京の西側に来ると奥多摩も近いので、外岩でクライミングする方がいいという人もいますが、僕はまだまだ屋内で満足してしまっています( ´ー`)

 

 

MORIPARK内のクライミングジムのすごいところはワールドクラスの国際大会が開催できる本格的なクライミングエリアが有ることで、なんと高さ16.45mで上の方は角度が120°〜170°まで可変な部分があります。

 

f:id:tom__bo:20151108185101j:plain

 

遠くから見ても驚きの高さです。 

 

このリードエリアは可変部分のある壁(上の写真の灰色の壁)と両サイドに茶色っぽい壁でなっていて、度の壁もリードクライミングで登れるようになっています。

(茶色の部分はトップロープもある。)

 写真にも写っているようにMORIPARKの中はアウトドア関連のショップやカヌー体験エリアがあったりして、ちょっとしたテーマパークみたいな感じになっています。

なので、結構家族連れの人たちが和やかな休日を過ごしている中で16mの壁に挑むことになります。

ガチなクライマーの人たちが結構な高さまで行ってランジしたり、途中で落ちたりすると歓声とか悲鳴とかが上がって面白いです。ただ普段の10m程度の壁と違って、16mはとにかく高いので、最初は普通に怖くて身がすくむし、あんまり下を向きたくない感じになります((((;゚Д゚))))

 

f:id:tom__bo:20151108185102j:plain

 

ホールドがコースごとに使い分けられているので、コースは見分けやすいですが、幅もないので、10b程度から始まって1レベルに2コースあるかないかで、できるコースをどんどんやるしかなくなります。

幅お結構狭いので、メインの壁では同時に三人登るのは厳しい時が多いです。

16mもあるので、1回のチャレンジが長くなるし、テンションかけて休むことも多くなるので、混んだ日は自分のペースで練習するのは難しい気がします。

ただ、ど田舎にあるせいか、日曜日の快晴の日でもそれほど混んでいませんでした(自分たち含め3グループくらい)

そして、だんだん高さにも慣れてきて、遠くの景色を見られるようになってくると、3階建の屋上に立っている人を下に見る感じになって、16mも登った達成感を感じられます!

そして風強いΣヽ(`д´;)ノ 

 

ここでリードクライミングするための注意点としては、初めての場合、ビレイ、リードクライミングの簡単なテストがあること(2回位リードで登った経験があれば大丈夫そう)と40m以上のロープを持っていないといけないことです。

ジム用のロープに30mのロープを買おうかと思っていましたが、ここのために40mのロープにしようと思います(*^^*)b

 

とにかく外壁の高さは度肝を抜かされるのでおすすめです。

 

↓ 高い。とにかく高い。。。

f:id:tom__bo:20151108185108j:plainf:id:tom__bo:20151108185109j:plain

 

夜にはライトアップされてナイトクライミングができるようになっていました!

超かっこよかったので、次回は夜もやってきます!!

 

f:id:tom__bo:20151108185110j:plain

 

つづいて内側。ボルダリングエリア。

内部はかなり広く、人も少なめで練習し放題でした。

f:id:tom__bo:20151108185104j:plain

f:id:tom__bo:20151108185103j:plain

 

コースはバランス系から傾斜がキツ目のもの、ルーフもあって、とにかく充実しています。

そして後ろ側はカフェになっているので、けっこうジロジロ見られて辛いですw

 

f:id:tom__bo:20151108185105j:plain

 

 

というわけでMORIPARKの紹介でしたーーー。

 

今年も残り僅かになってきたし、あと4,5回はクライミング行きたい!(無理)。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

 

 

終わり ⊂゚U┬───┬~