読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tom__bo’s Blog

情報系学生が筋トレしたり、筋トレしたり筋トレしたことを書くブログ。もはやダイアリー

CyberAgent弟子入りインターンに参加してきた

9/14~10/9の約1ヶ月でCyberAgentのサマーインターン弟子入り(インフラコース)に参加してきた。

お世話になった社員の皆さんありがとうございました。(名前を出していいのかわからない)

 

インターンの記事をかかないといけない気がしているのは多分僕だけで、これまでの参加者の人もあまりブログを書いていないようなので、具体的な作業内容とかはあまり書かずに書いてみる。

そうすると良かった点も曖昧になってしまって難しいのだけれど、インターンの情報ってもっと共有したらエンジニアらしい良い夏を過ごせそうなので、まずは僕の体験を書こうとおもう。

 

f:id:tom__bo:20151010000642j:plain

 

参加したのは上でも書いた、

www.cyberagent.co.jp

弟子入り(インフラコース)のインターンで、1~2ヶ月程度のいわゆる長期インターンだ。

 

〜 参加まで 〜

対して知識もないのにデータベースに興味があると言っているのが辛くなってきた今日このごろなのだが、夏休み前はもっと意欲的にDB弄りたい!大規模な環境でクラスタ組んでるところにインターン行きたい!と思っていたので、CyberAgentのゲームの裏側のDBを見てみたくて応募したと覚えている。

どんな内容を出したかは定かではないのだが、履歴書とかエントリーシートを出して、2回くらい面接があって、インターンに参加できるという連絡を頂けた。

確かインターン募集のページにあったはずだが、今年は2ヶ月くらいの期間のうち1ヶ月間インターンとして弟子入りするということで、なんだかんだでそれなりに忙しい学生にはありがたい期間設定だった。

特に僕は自身の都合で10/9まで参加させていただいたので、調整していただいた社員さんには感謝するばかりである。逆にインターン生同士で関わる機会を逸してしまったのだが、他の弟子入りコースインターン生は参加期間が重なっているところでコミュニケーションをとる機会があったようだ。

 

 

〜 環境 〜

毎日激混みの電車に乗って渋谷駅に通うことになる。僕の家が都心から遠いこともあるのだが、社会人って毎日大変だなあと思ったり1限があった頃を思い出して懐かしんだりしながら人混みを歩く。

社内では社員さんと同じディスクと椅子で作業させてもらえて、肩こりとは無縁になれる。社員さん同様無料の自動販売機を自由に使えるので、どんどん飲んで、トイレに行くことを繰り返すかもしれない。

昼食時間は社内のお弁当屋さんでお弁当を買ったり、自由に食べに行っていた。僕はなにもないとコンビニのおにぎりを片手にPCにかじりついていたので、ときどきチームの社員さんにご飯に連れて行ってもらえると美味しいごはんが食べられて幸福になれたw

f:id:tom__bo:20151010004641j:plain

↑ ある日のお昼ごはん。

 

 

〜 参加中 〜

初日から早速上に書いたような環境で、定時の間インフラエンジニアさんたちに弟子入りする。

僕は希望通りゲームのデータベース周りの仕事を振ってもらうことが出来て、クラスタ構成の説明を受けたり、ミドルウェアやcyberで使用しているハードウェアの特性を教わりながら、もらった課題をこなしていった。

全体を通して何か大きな課題を与えられるみたいな決められた課題はなく、普通なら新卒研修を受けてからやりそうな内容をポーンとやらせてもらい、やりたいことがあればやらせてもらえるくらいの自由度だった。

それはそれで、どんなことをやればいいのか難しいと思うが、社員さんがインターン生の能力に合わせて程よい課題を振ってくれるので、とにかく頑張って最善を尽くすしかない。どうやら、一人だけ会えた同じインフラコースのインターン生もそんな感じだったようだ。

特にインターン中にこれはこなさないといけないといった課題が出されることはなかったが、最後にインターン中に取り組んだことと、成果の発表をする。

その後に修了証書と共にお世話になった社員さんたちのメッセージを頂けて最高!な気分と、もう終わったのかという寂しい気分を抱えて終了。となった。

 

全体で決められたタスクがなく、個々人に合わせてテーマや取り組む課題が違うと思われる上に、具体的な内容を書いてはいけない気がするので、だいぶ情報量の少ない記事になってしまった。

 

でも、どんなタスクに取り組んでいる時でも、わからないことや詰まった点があるとメンターさんだけでなく、チームの社員さんも優しく教えてくれるので、一人辛くならずに(適度に大変な経験で修行しつつ)作業をすることが出来たと思う。

個人的にはゲームのサービスならではのデータの更新頻度の多さや、カラムやアイテム数の多さによる難点の対応はとてもおもしろかったし、一度見てみたかったのでうれしかった。

それにとにかく普段学生では全く扱わないようなデータ量、リクエスト数のサーバの課題解決を手伝わさせてもらえて、ミドルウェア以外でも大規模なサーバを管理している会社ならではの体験もさせてもらえるので、そういった分野に興味のある人は是非是非応募してみるべきだ。

  

今は、やっぱり夏は長期間のインターンだよなと思いながら一人夏の思い出に浸っているところだ。。。

 

 

 

最後に繰り返しになりますが、お世話になったCyberAgentの皆さん、1ヶ月間ありがとうございました。