読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tom__bo’s Blog

情報系学生が筋トレしたり、筋トレしたり筋トレしたことを書くブログ。もはやダイアリー

NodeSchool in Tokyoに参加してきた

IT event

nodejs.connpass.com

 

上記のイベントに参加してきました!

NodeSchoolとは、Nodejsを中心としたjavascriptをみんなで学ぼうというコミュニティで、そのイベントは世界中で開催されているそうです。

公式サイトNodeSchool

 

今回はそのコミュニティのイベント「International Day」で、世界中でこの5/23日にチュートリアルイベントが開催されました。日本では東京と大阪で開催されていたようです。

 

参加したのはもちろん東京のイベントで、会場はCyberAgentでした。 

 

f:id:tom__bo:20150525115623j:plain

 

会場の様子。150人が参加しています。

f:id:tom__bo:20150525115636j:plain

 

 

NodeSchoolのイベントのために、Nodejsの初心者向けのチュートリアルモジュールが配布されています。

イベントの内容としてはこれを利用して、Schoolに集まった参加者が各自でこのチュートリアルを進めていくというものでした。

 

チュートリアルの内容は

  • javascripting (JavaScriptの基礎)
  • learnyounode (Node.jsの基礎)
  • how to npm (npmの基礎)
  • tower of babel (ES6基礎(babel))
  • learnyoureact (React基礎)

の5つで、npmを使って

npm install -g "パッケージ名"

とすることでチュートリアルをインストールすることが出来ます。 スペースはハイフンに変換してパッケージ名とします。

基本的にはこのチュートリアルを会場で黙々と進めていく感じなのですが、周囲の人と話しあったり、メンターの人に質問したりしながら進めていくことが出来ました。

 

僕はnode.jsは最近ほとんど触っていなかったので、learnyounode(Node.jsの基礎)を進めることにしました。

パッケージをコマンドで起動すると以下の様な画面が出て、課題が表示されます。

チュートリアルはターミナル上で進めていきます。

f:id:tom__bo:20150525154114p:plain

 

基本的にはそれぞれのチュートリアル複数台の課題がついていて、課題を解くスクリプトを作成して、用意されたテストに成功すると次に進められるといった感じに進行していきます。

 

↓ 問題例

f:id:tom__bo:20150525154206p:plain

 

イベント中は世界中の他の会場に中継したり、大阪の会場で作っているデモを見せてもらったりとほかのNodeSchool会場の人も進めているのを感じながら開発することが出来ました。

 

 今回のイベント中では13課題中8課題しかこなせませんでしたが、自分で進めることも当然できるので、

  • learnyounode (Node.jsの基礎)
  • tower of babel (ES6基礎(babel))
  • learnyoureact (React基礎)

 

 は完了したらまとめて記事にしようと思います(=゚ω゚)ノ

 

イベントの最後には有志と運営者の方たちのLTがありましたが、1人5分と短かったこともあり、深い内容は聞けなかったので、またの機会に聞けたらなと思いました。

 

 

 

<筆者のコメント>

放置してるNode.jsは作りかけのアプリを完成させねばばば